幸福の科学への素直な疑問!

jipang007.exblog.jp

信仰暦20年以上の現役信者が綴る、怒りと不満と疑問です。

ブログトップ

これまでに受けたショックの一部



 皆さん、非常に納得するコメントを書かれていて、頷きながら拝読させていただいております。


★混ぜるな危険! ブログ・サンポール

 <幸福の科学大学、不認可決定の裏側>


 http://sanpole.blog.fc2.com/blog-entry-298.html

 特にこの部分は↓、目から鱗でした。確かにそうです。「冊数」だけでは「科学的証明」にはならず、その内容や客観的証明が必要になるのは間違いのないことです。リバティが書いていることには重大な疑義があります。

 正直言って、今の総裁の霊言は中身がスカスカで、ためになる内容もほとんどなく、行間もスカスカで、これで「5年間で270冊以上を刊行」と言われても、実質は10冊程度に収まるのではないかと思います。

 要するに、「科学的証明」には程遠いということです。「マスコミに載ったので社会的信用がある」と言っていますが、これはもう「論外」もいいところでしょう。


f0354590_08131992.jpg



★幸福な日々を目指して

 <幸福の科学は「報告の科学」>
・・・確かにその通り!

 http://forhappylifes.blogspot.com/2014/11/blog-post_7.html


★どんきー王子のブログ NEO

 <幸福の科学信者の皆様>
・・・胸に響きました。

 http://donkyouji.blog.fc2.com/blog-entry-496.html


★「幸福の科学」信者から受けた勧誘の実際

 <大学不認可ばんざーい。>
・・・お気持ち、伝わりました。

 http://madogiwanoyukko.blog.fc2.com/blog-entry-14.html



 皆さん力作ぞろいで、私が書く出番ではないのかなとも思いますが、これまで「幸福の科学」の信者として20年以上がたち、いろいろな事がありましたので、今日はショックを受けた言葉や事項について簡単に書いてみたいと思います。

 何と言ってもショックが重なったのは「きょう子さんとの離婚」の時でした。「エッ!?」と思う言葉や行動が総裁から何度も出たのを覚えています。正確ではありませんが、その発言の主旨は、


 「フライデー事件は私ではなく、きょう子が行った」・・・(総裁が「私は戦う」と言ったビデオを観ましたけど)


 「新しい『太陽の法』の金星の部分は、きょう子に言われて格好良くなるように書き換えた」・・・(唖然、呆然とはこのことです)


 「選挙の時の『北朝鮮への先制攻撃』はきょう子が勝手に言った」・・・(これには参りました、本当に)


 「10年以上、会の運営に関われなかった」・・・(この時、逆に「自灯明」という意味が理解できました)などがありました。


 そして、男としてあるまじき元妻の悪口の数々。日本人が最も嫌う卑怯なやり方でした。ビデオで流し、本に書いて自分の元妻を非難するなど、たとえは悪いですが、芸能人以下のことをしました。

 加えて、きょう子さんの過去世はアフロディーテではないと来ました。

 それならあの「愛は風のごとく」という本は何だったのでしょう。誠意があるならば、回収して返金すべきではないでしょう。「黄金の法」も。不良品を売ったということでしょう?

 一般企業でも、リコール回収や広告を使っての回収を行っていますし、パナソニックは全国民に葉書を出して不良品を探しました。

 爪のかけらでも誠意があるのであれば、不良品を回収すべきだと思います。

 「経営」や「社長学」を説いていますが、こんな基本も分からずに、信者に甘え、お布施だけはもらう体質が本物だといえるのでしょうか。

 そして、離婚成立直後、29歳も年下の女性と結婚。もう白けるしかないですよねえ。

 この画像には爆笑しましたけど。(「やや日刊カルト新聞」より)



f0354590_08234065.jpg



 信者の皆さんは、先生から指示が出ていると思っていたので、20年以上にわたって本を無理して購入し、選挙も大声で叫び、伝道もインチキの数字をあげていたのです。それが突然、「それらの指示は私ではなく、きょう子が全部出していたのだ。きょう子が全部悪い!」という話になったのです。唖然、呆然でした。

 その後の、職員の過去世認定については多くの信者が信じておりません。また、その他の過去世もいい加減だったということが分かってまいりました。

 私たちは、そのような本に赤線を引いて暗記して勉強したのです。馬鹿にするのもいい加減にしていただきたいと思います。

 この時に身にしみたのが、お釈迦様が言った「自灯明」の教えでした。おかしい、おかしいと思いながらやるのは間違いだと気がついたのです。

 もしかすると、今現在も総裁の指示ではなく、総合本部の偏った職員が指示を出しているのかもしれませんよ。そうだったらどうしますか?

 幸福の科学だけではなく、さまざまなことを勉強して、自分の気持ちに正直に生きていくことこそが真理です。信者の皆様も、もっと自分を信じて、活動等について判断される方がよろしいかと思います。

 総裁の指示なのか職員のエゴなのかは分かりませんが、これから益々、今まで以上に「布施と献本」が叫ばれることになりそうです。

 自分の土台をしっかり固め、家族と仲良く生活していくためにも、「おかしいと思う活動はしない!」と、自分に戒めを持って生きていかれることをお勧めいたします。

 私の場合は、相方としっかり話し合って、今の幸福の科学も職員も婦人部も熱烈信者もおかしいと二人で合意しましたので、活動には参加せず、献本もせず、植福の会も辞めて、時々支部に行く程度にしています。







これまでのすべてのエントリーはこちら

http://jipang007.exblog.jp/tags/すべてのエントリー




【このブログの主旨】 真理には美しさがあるはず。






ツイッターもやっています。
https://twitter.com/happy7777happy




★ブログランキングにご協力を!↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学 批判・告発へ
にほんブログ村





[PR]
by jipang-007 | 2014-11-12 08:40 | 総裁について

by ヴェルダンの天使