幸福の科学への素直な疑問!

jipang007.exblog.jp

信仰暦20年以上の現役信者が綴る、怒りと不満と疑問です。

ブログトップ

足し算と引き算も出来ない教団や政党の人たち



 「『サクセスNo.1』の精神」という会内経典がありますが、その中の第2章の言葉を引用します。


 「責任を持ってやる子は、信用される」

 「信用されると、自由の範囲が広がる」

 「信用というのは、
こういう小さなことの積み重ねなんだね」

 「お金の面での信用」

 「人間関係での信用-うそを言わない」

 「その信用が、大人になってからも、
仕事上の信用になるんだね」

 「親や先生が観ていないところでの信用」

 「世間の人は、見ていないようで、
よく見ているものなんだ」



 正直言って、素晴らしい言葉が並んでいます。そして皮肉にも、これらの言葉をそのまま実証したのが「大学」だったと思います。

 要するに、総裁にも教団にも政党にも職員にも信者にも「信用」がないということだと思います。「信用」がないから「自由の範囲」が狭くなったという、ただそれだけの出来事だったと思います。

 「全国紙に全面広告で載っているというのは、『これを載せても、妄想や虚言、詐欺などと思われないだけの社会的信用がある』ということです。」と総裁は言っていますが、もう笑うしかない論理です。お金を払えば載せてくれます。

 今回の事で、文科省に責任転嫁して「信仰の自由」とか「出版の自由」とか言ってごねていますが、結局は「信用がない!」その自己責任の部分を教えてもらっているということだと思います。ありがたいではないですか。感謝しないと。

 さて、ではどんなところで信用をなくすのでしょうか。「幸福の科学」はいたる所で信用を投げ捨ててきましたが、その一端を示すとすれば、この4枚の画像です。


f0354590_07373863.jpg



f0354590_07381978.jpg



f0354590_07383882.jpg



f0354590_07391950.jpg


 この画像をネットで教えてもらったときは、アゴが外れそうになりました。ここまで○○がいたのか。。。と。

 この当時は、まだ私も希望を少し残しながらの活動や選挙運動をしていましたので、ガックリ来ました。まるで「オウム」だ。。。。

 「信を問う」選挙ですよ。ちょっと下品ではありますが、「こいつら何を考えてんだ?」と一人激怒したことを覚えています。

 まさに「信用崩壊」の象徴的な信者の出で立ちでございました。


 で、今日のタイトルの「足し算と引き算も出来ない教団や政党の人たち」についてです。

 本当にこの人たちは愚かだと思うのです。「信用」など必要ないと思い込んでいるのか、信者たちは、街で無差別に本を配ったり、ふざけた格好で選挙運動をしたりしていますが、これを見た人が「キモイ」と一人思えば、ネット社会ということもありますが、5~10人に「幸福の科学はキモイ」という評判が広がるのです。

 要するに「信用」が無くなるのです。

 その証拠に、昨日のミクシー内での「大学不許可」に関する「つぶやき」を見ればわかります。もうボロボロです。

 悪い評判はあっという間に広がるのです。1人減ると、5人や10人は減るのです。1票減ると、10票は減るのです。

 マイナス1はマイナス1ではないのです。マイナス5とかマイナス10になるのです。

 それとは逆に、一人ファンが出来たとします。この場合は、悲しいかなプラス1にしかならないのです。

 これは選挙などで強く感じ理解できました。信者さんの知り合いが応援してくれて、パンフレットをもってその方の知人を回ってくれたのですが、肩を落として帰ってこられ「全くダメだった」と仰いました。

 本当の意味での「信用」がないと、信者以外の方からは広がっていかないのです。「あの教団は、政党は信用できるみたいよ」という「空気のような信用」とでも言いましょうか。

 だから、一人ひとりと丁寧に丁寧に接していかなければならないのですが、「計算が出来ない」ので手当たりしだいに食い散らかして、手柄のみを追い求めているのだと思います。

 そういう意味で、「足し算と引き算も出来ない」と表しました。こんな単純なことも分からない人たちが日本を動かすことなど、「金輪際お断り」と思うのは日本国民共通の認識だと思います。

 「信用」は本当に大事だと思います。「お金」の部分は特に大事です。「目安」と称して税務署を欺き、脱税まがいの事をやっている教団を誰が信じるでしょうか。

 一度無くした信用が返ってくるには絶望的な状況だと思えて仕方がないのは、私だけではないと思います。大学についても言いたいことが湧いて来て仕方がないのですが、それはまた後日書きます。







017.gifこれまでのすべてのエントリーはこちら017.gif

http://jipang007.exblog.jp/tags/すべてのエントリー




【このブログの主旨】 真理には美しさがあるはず。







004.gifツイッターもやっています。
https://twitter.com/happy7777happy



★ブログランキングにご協力を!↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学 批判・告発へ
にほんブログ村







[PR]
by jipang-007 | 2014-11-19 08:00 | 伝道について

by ヴェルダンの天使