「ほっ」と。キャンペーン

幸福の科学への素直な疑問!

jipang007.exblog.jp

信仰暦20年以上の現役信者が綴る、怒りと不満と疑問です。

ブログトップ

信者に自由を!お布施に自由を!教団内での言論の自由を!



f0354590_17034411.png


<スポニチ 2014.11.19>より


 大学不許可について、「リバティ」がグズグズ書き続けていますが、「みっともない」と信者の方々も言っているのが聞こえないのでしょうか?

 チマチマ、下村さんのお金の事をつついて、日刊ゲンダイ並みの低レベル雑誌に成り下がっています。見ていて醜いです。総裁の離婚会見のようです(笑)。

 職員の皆さん、失敗した時、挫折した時はどうすべきか、総裁の教えにはなかったかしら?

 下村湖人が書いた「青春の思索のために」という本があります。


f0354590_17051436.jpg



 その本の中にある「心窓去来」という章に「悲運に処する道」という文章があります。

 これは総裁が「勇気の法」で引用したものですが、そこにはこう書いてあります。



 悲運におち入ってやけになる人がある。下の下である。

 やけにはならないが、弱々しくその境遇に流される人がある。下の上である。

 世を怨み、ぶつぶつ不平をならべながら、ともかくも建直しに努力する人がある。中の下である。

 世を怨んだり、不平をならべたりはしないが、意地を張り、歯をくいしばって努力する人がある。中の上である。

 すんだことはすんだこととして、極めて楽天的に、新たに第一歩からふみ出そうとする人がある。ここいらになるともう上の部である。

 しかしその楽天が、ただの気分であるかぎり、それではまだ危ない。そんな気分は、二度三度と打撃がつづいた場合には、とかくくずれがちなものだからである。

 悲運に処する最上の道は、悲運の中に天意を見出して謙虚に自己を反省するとともに、それを一つの恩寵として感謝する心になることでなければならない。これがいわゆる運命に随順しつつ力強く魂の自由を確保する道なのである。



 これを読む限りでは、幸福の科学は「下の下」か「中の下」以下でしょう。

 「人間の価値は成功の時と失敗の時とではかられる」とも仰っていましたよね。総裁のこの言葉はどこに行ったのでしょう。

 大学の件も含めて、言葉で世間を欺こうとする傾向がひどすぎます。先日も、ハピネスレターで、こんなメールが流れていました、、、、



皆さま、こんにちは!

「あえば局長×米・共和党共同議長シャロン・デイ氏」対談記事(産経)に掲載!

本日(11日)の産経新聞に、あえば直道調査局長とシャロン・デイ氏(米国共和党全国委員会共同議長)との対談記事が掲載されました。

先日行われました、アメリカ中間選挙での共和党圧勝の結果を受けての対談記事です。

是非、ご覧ください!



 おお。と思いましたら、(私は公平さだけは失わないようにしていますので)「意見広告」ですって。お金を払って載せてもらったんじゃないですか。「ああ、騙されたあ」って知り合いの信者さんが嘆いていました。こんな事がこの20年ひたすら続いて参りました。

 支部や本部から来るメールでは、何かと言えば、【緊急!】【重要!】【至急!】のオンパレード。そのたびに騙されて時間をどれだけ無駄に使ってきたことでしょう。


 さて、衆議院選挙が始まります。ネット上の信者さんは安倍総理を仇のようになじっていますが、本当に視野が狭い、度量が小さな団体だと思います。

 「私たちが政権を獲るまでは、安倍さん頑張って」くらい言えないのでしょうか。他に誰がいるというのでしょう?幸福の科学は日本を救うのが目的なのではないのですか?

 いったい何を目的に選挙をやっているのですか?

 そもそもこんな団体で、しかもこんな組織程度の運営しかできなくて、こんな人材しか育たなくて、国家の運営など出来るわけがございません。

 恐ろしくてとても託せる団体ではありません。

 釈さんは「この国に、もっと自由を!」と仰っていますけど、私からは、「信者に自由を!」「お布施に自由を!」「教団内での言論の自由を!」と総裁に言いたいですね。まずは己の団体に自由を与えてからにしていただけませんかと。

 幸福の科学自体に「発言の自由」も「お金の自由」もなく、「貧しさの平等」はある、まるで共産主義団体の有様なのに、「日本に自由を」など、どの面下げて言ってんのと罵倒したくなります。

 ↑ これを言う信者さんは多いですよ、実際。


【供託金】衆院選(比例区) 名簿単独登載者数×600万円

 600万円×42人=2億5200万円 

 加えて、選挙運動費用が必要です。

 年間300万円で20人を4年間以上、10人を8年間以上養えます。仕事を辞めて立候補した人がどれほど厳しい状況か、ご存じないのですか?

 この額はいろいろ工夫すれば、それこそ素晴らしい「本当の意味での植福」が出来る金額です。無駄にドブに捨てるよりいいと思うのですが、まあ、信者の声に耳を傾けることはあり得ませんでしょうね、職員も総裁も。



f0354590_17204609.jpg


 それにしてもこの方、何をおやりになりたいのか、さっぱり分かりません。何歳になっても音楽をやりたいという情熱は理解します。でも、票が減るとしか思えないこの運動は首を傾げざるを得ません。まるで、左翼の選挙運動みたいで、山本太郎の真似でもされているのでしょうか。







emoticon-0116-evilgrin.gifこれまでのすべてのエントリーはこちらemoticon-0116-evilgrin.gif

http://jipang007.exblog.jp/tags/すべてのエントリー




【このブログの主旨】 真理には美しさがあるはず。







emoticon-0103-cool.gifツイッターもやっています。
https://twitter.com/happy7777happy



★ブログランキングにご協力を!↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学 批判・告発へ
にほんブログ村










[PR]
by jipang-007 | 2014-11-25 17:27 | 職員について

by ヴェルダンの天使