幸福の科学への素直な疑問!

jipang007.exblog.jp

信仰暦20年以上の現役信者が綴る、怒りと不満と疑問です。

ブログトップ

<   2014年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧



 「幸福の科学」が、来年の秋に「UFO学園の秘密」という映画を公開するそうです。

 総裁は映画の製作について、「プロの領域に」とか、「宮崎駿さんの次を担う」などという主旨のことを言っていますが、個人的には何を根拠に、そんな呆れ果てることを言えるのか不思議でなりません。でもまあ、ブログネタが増えますので、楽しみにしておきましょう。

f0354590_07173357.jpg


 ところで、私が今のような心境になった一つの大きな原因は、前々回の映画「ファイナル・ジャッジメント」にあります。

 題材としては良かったのかもしれませんが、映画の内容の貧弱なことや最低の演技と最悪の脚本には、映画を観ている最中からブチ切れ始め、映画館を出る頃には、もう腹が立つやら頭に来るやらで、主人といつの間にかボロボロにけなしておりました。

 今でも苦々しく覚えているのは、


・今から30年以上前の「西部警察」の時代のようなカーチェイス?の撮影。

・死刑になりそうな主役を、絶対にありえない方法で外に出す最低の脚本。

・選挙に負けた主役に対して、友人が「旅にでも出るのか」という、50年前なら言ったであろう陳腐なセリフ。

・言葉だけで世界を変えることが出来たという結末。(それならさっさとやってくださいよ!って感じ)。

・車上で演説する主役の言葉を黙って聞く兵隊たち。


 などなど、言い出せばキリがないくらいございました。


 書き始めると、その当時が蘇って、また腹が立ってきました(笑)。

 本当にくだらない、近代まれにみる最低の映画だったと今でも思います。

 もっとも、支部でタダ券を10枚もらって行きましたので実害はなかったのですが、それでも気分の悪さといったら、それは最悪でした。(3枚は使いましたが残りの7枚はごみ箱行きでしたん)

 信者がチケットを買い、タダ券が余っているから他の信者に無料で配るのです。バカみたいなシステムです。映画のチケットを街頭でも配るのです。最低、最悪のやり方だと思いませんか?

 そもそも映画というのは、面白かったら観客が増える。ただそれだけだと思います。

 それに人生を賭けているのが映画監督や役者さんたちなのです。

 これだけとっても、「幸福の科学」は一人一人の人生をバカにしていますし、それぞれの人の努力を認めず無視しています。

 それを、信者の懐をあてにして映画を作り、「植福目標」という美名の下にチケットを買わせ、それをタダでばら撒かせて、興行が成功したかのように振る舞う総裁は、嘘の歴史を作って嬉しいのでしょうか?

 未来の人たちを騙して、それで満足なのでしょうか?

 宗教の原点の一つは、「嘘をつかない」ではないでしょうか。


 信者の皆さんは、もう一度よ~く人生の原点を考えてみるべきです。次の映画のチケットを無理して目標達成のために買わないことです。本当に面白い映画は、そんなことをしなくてもヒットします。

 それが総裁が言う「自助努力」だとか「実力での勝負」ということではないのですか?映画の製作者は「自助努力」でヒットを目指すべきです。信者だよりで映画を作って、その太鼓持ちになる自分自身が情けなくなりませんか?

 本当に世のため人のために映画を作っているのなら、信者が買わなくとも広がっていくはずです。

 もっと言えば、信者が買わない方が、実は「幸福の科学」のためになり、世のため人のためになるのだと思います。

 選挙と同じく、「幸福の科学」は映画にしても、本の販売にしても「実力での勝負」をすべきです。それは真の教団のためであり、真に教団のお役に立つことなのです。


 どちらが本当に世の中の役に立つのか、教団の役に立つのかをしっかり考えられることをお勧めします。



 政治とは何か:それは「信頼」と「品格」。そして「信頼とは嘘をつかぬこと」!


 ↑ 宗教も同じだと思います。

 本日の「産経抄」には次の言葉がありました。


 小欄には深代惇郎(ふかしろ・じゅんろう)さんにご登場を願う。かつて「天声人語」を担当した伝説のコラムニストである。

 「天声人語」の由来に触れた一文に目が留まった。「天に声あり、人をして語らしむ」の意だと説明してこう続く。「しばしばこの欄を、人を導く『天の声』であるべしといわれる方がいるが、本意ではない。民の言葉を天の声とせよ、というのが先人の心であった」。


 総裁も職員も熱烈信者も、仲間内だけで通用する言葉や価値観におぼれずに、少しは「民の言葉を天の声」として聞いてみてはいかがですか。




 最後に、総裁が攻撃している下村博文大臣は「映画『ファイナルジャッジメント』を観る」と題してブログを書かれていますが、その内容は非常にほめています。

 このような人をわざわざ挑発して敵に回すというのは、政治的センスがまったくないと思われます。

 私の主人に入っている情報では、大学を却下したのは下村さんではなく、また公明党(創価学会)でもなくて、別のルートのようですよ。うふふ。知らずに犯す罪は悲しいですねえ。








これまでのすべてのエントリーはこちら

http://jipang007.exblog.jp/tags/すべてのエントリー




【このブログの主旨】 真理には美しさがあるはず。








★ブログランキングにご協力を!↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学 批判・告発へ
にほんブログ村






[PR]
by jipang-007 | 2014-12-24 07:48 | 映画について


獲得議席:0

<前回 2012年との比較>


北海道  得票数:12,267票 (得票率0.5%)
      <前回:10,506票 (得票率0.4%)>
+1,761票


東北   得票数:18,201票 (得票率0.5%)
      <前回:14,825票 (得票率0.3%)>
+3,376票


北関東  得票数:24,989票 (得票率0.4%)
      <前回:19,795票 (得票率0.3%)>
+5,194票


東京   得票数:17,648票 (得票率0.3%)
      <前回:16,620票 (得票率0.3%)>
+1,028票


南関東  得票数:24,052票 (得票率0.4%)
      <前回:20,987票 (得票率0.3%)>
+3,065票


東海   得票数:41,429票 (得票率0.6%)
      <前回:29,739票 (得票率0.4%)>
+11,690票


北陸信越 得票数:19,619票 (得票率0.6%)
      <前回:15,767票 (得票率0.4%)>
+3,852票


近畿   得票数:35,830票 (得票率0.4%)
      <前回:33,509票 (得票率0.3%)>
+2,321票


中国   得票数:18,015票 (得票率0.6%)
      <前回:14,383票 (得票率0.4%)>
+3,632票


四国   得票数:10,762票 (得票率0.7%)
      <前回: 8,171票 (得票率0.4%)>
+2,591票


九州   得票数:37,299票 (得票率0.6%)
      <前回:31,848票 (得票率0.5%)>
+5,451票


総合計:260,111票

前 回:216,150票

+43,961票



公明党の今回の比例得票数:7,314,236票


共産党の今回の比例得票数:6,064,462票



 さて、今回の結果をどのように評価するかですが、政党や教団は、奇跡でも起こったかのように、鬼の首を取ったかのように大げさに言い散らすでしょうし、総裁に対しても面目が立ったことで一安心するでしょう。

 ただ、個人的な感想としては、要するに0.1%~0.2%増えたということは、1000人に1人か2人の割合で投票者が増えたということで、これは選挙では当たり前の動きで、幸福実現党への賛同者が増えたと理解するのは性急過ぎると思います。

 もっとハッキリ言いますと、そもそも「評価するに値しない得票数」です。

 そういう意味で、公明党や共産党の得票数を載せておきました。

 あと25倍取れば追いつきます!もうすぐです!(笑)

 ちなみに、公明党は前回より197,762票増加しています。



 それと、今回の選挙は「下村事件解散」とのことでしたが、その下村大臣は前回よりも10%以上票を伸ばされています。また、安部総理は閣僚は続投とのことだそうです。

 もし本当に「下村事件解散」なら、国民は下村さんを信任したことになります。総裁は今度は何と言ってごまかすのでしょう。




※読売新聞から引用しました。間違いないように引用し、
計算したつもりですが、誤記があるときはお許しください。








これまでのすべてのエントリーはこちら

http://jipang007.exblog.jp/tags/すべてのエントリー




【このブログの主旨】 真理には美しさがあるはず。








★ブログランキングにご協力を!↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学 批判・告発へ
にほんブログ村





[PR]
by jipang-007 | 2014-12-15 08:43 | 幸福実現党/選挙



今日は記事のご紹介のみです。

「弱り目に祟り目」とは最近の「幸福の科学」のことです。

一度お祓いを受けたほうがいいかもしれませんね。(笑)



★「やや日刊カルト新聞」のツイッター

  https://twitter.com/daily_cult


 https://twitter.com/daily_cult/status/543273825031307264

 新潮社とわたくし藤倉が幸福の科学学園から訴えられていた裁判、東京地裁で判決出ました。

 裁判所は学園側の請求を棄却。新潮社と藤倉の完全勝訴です。

 記事の内容はもちろん、藤倉が大津の関西校反対運動で講演したことについてまでも、(学園への妨害活動ではなく)公益目的であると認定されました。



今回、裁判所から問題なしとされた週刊新潮の記事はこちら。↓

 https://docs.google.com/file/d/0BxQqDQ8VBlGcRXlEVk9zNVlVaWs/edit?pli=1



 https://twitter.com/daily_cult/status/543352627119919104

 今回の判決では、幸福の科学学園の社会科授業等での霊言教育や、寮生活のルール違反者に対する“独房懲罰”の存在を報じた記事の内容が正しかったと認定されました。

 記事で指摘した違法な政治教育の存在については、そもそも幸福の科学学園側が争いませんでした。







これまでのすべてのエントリーはこちら

http://jipang007.exblog.jp/tags/すべてのエントリー




【このブログの主旨】 真理には美しさがあるはず。





★ブログランキングにご協力を!↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学 批判・告発へ
にほんブログ村








[PR]
by jipang-007 | 2014-12-13 09:48 | 大学/学園について


 正直言って、ここまで怠惰だとは思いませんでした。選挙戦まっただ中で、しかも、総裁の講演を中止にしてまで選挙に没頭すると言っていた職員が、これですから。

 選挙戦中盤の日曜日の一番、一番大事な時間帯に・・・。


f0354590_06020726.jpg


 これでは、信者にいくら檄を飛ばしても動くわけがありません。呆れました。

 私も選挙に関わったことがありますが、寝る暇を惜しんでやりますよ、選対の皆さんは。雇われているウグイスさんも必死です。家族も必死。候補者本人は死ぬ気です。

 ところが「幸福の科学」の職員たちは、ろくろく支部の外に出て行きません。もうどうしようもない人たちがひしめいています。

 創価学会の人が、「自費」で数万円かけて遠方から投票のお願いに訪ねてきたことがあります。職員は日頃バカにしている創価学会の爪の垢でも煎じて飲んでみてはいかがですか。

 せめて、釈さんのカバン持ちでもなされて、自費で全国遊説に付き添うくらいやってみなさいよと言いたいですね。

 聞くところでは、釈さんの街頭演説への動員も適当にしているようで、聴衆は30人程度いればいい方だとか。

 うちの支部でも、数少ない信者の人が何度かビラ配りをした程度です。支部長と言えば、脅すようなことを書いた激文をメールで流すだけ。やれ、地球がどうのとか、未来がどうのという、浮いた言葉ばかりです。

 お話にならないというのはこの事ですが、幸福実現党が選挙に勝つと、それはそれで一大事なので、まぁいいかぁと思って眺めております。

 で、良い給料をもらっているとか。

 ある不動産屋さんに聞いたのですが、数年前にマンションの賃貸契約をするために来た幸福の科学の職員さんは、年収が○千万円と記入したというのです。

 人のお布施で良い御身分ですこと。一軒家を立てている方もいらっしゃるようですし、羨ましい限りです。

 こんな職員を育てている総裁って、管理能力はおありになるのでしょうか?

 「幸福の科学」の現状の原因が職員にあることは、80%以上の信者が認めるところだと思いますが、信者を辞めるか辞めないかの違いは、結局、その責任を総裁に問うか問わないかの違いだけだと、最近気が付きました。

 しかし、ブログ「幸福な日々を目指して」に書かれていたように、総裁自らが、

 「部下をよりよく使うためにも、上の立場にある者、すなわち、社長、経営者、経営管理者、経営担当者などは、まず、『自分に責任があるのだ』と考えなくてはなりません」 (「社長学入門」290ページ)と書いていますし、

 「トップは、自分が見ていないことにも責任を負わなければならない」 (同291ページ)

 「『現場の責任です』と言って逃げたいのはやまやまでしょうが、それを言って許されることはありません」 (同293ページ)

 と立派なことを書かれていますので、当然、総裁の責任を問うべきだと思います。


 リバティにはこう書かれています。「経営の神様・松下幸之助も、ある部下が多少数字をごまかした報告書を上げた時に、すぐに前回の報告との矛盾に気づいて『僕に報告する時は数字をいじらんほうがいいで』とたしなめたというエピソードがあります」 (『一流の決断』29ページ・リバティ編集部編)



 「忍耐の法」がトーハンの「2014年 年間ベストセラー 総合」で2位になったとおつむが弱い信者が喜んでいますが、これなども金融業界では完全に違法な「飛ばし」と同じことをやっています。在庫を支部に隠しています。

 http://www.tohan.jp/cat2/year/2014_1/

f0354590_06022382.jpg


 ある信者の人が言っていました。「大学シリーズの経営の本を読んでいると、今の幸福の科学がやっていることは、書いてある内容と真逆の事をやっています」と。

 その真逆の事をやっていて、「飛ばし」もやっていて、それを総裁が知らないでは済むわけがないと思いますよ、私は。霊言にしても、経営にしても、選挙にしても、すべては総裁の責任です。信者の皆様も一度そういう目で教団を観てみることをお勧めします。






※最後に、「HSユニバーシティ」についての資料を載せておきます。
 人生の大事な時期に、行く人はいるのでしょうか?
 三帰者のみが入学できるのだそうです。


f0354590_06101274.jpg






これまでのすべてのエントリーはこちら

http://jipang007.exblog.jp/tags/すべてのエントリー




【このブログの主旨】 真理には美しさがあるはず。








★ブログランキングにご協力を!↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学 批判・告発へ
にほんブログ村






[PR]
by jipang-007 | 2014-12-10 06:16 | 総裁について


 「幸福の科学」においての植福(お布施)については、グレーな部分が多すぎますので、私は、「目安」について教団としての見解をはっきりすべきだと思っています。

 現在、「幸福の科学」の施設における支払金額には、すべて「目安○○○円」とか「目安○○○円以上」などと表示されていますが、ある時は強制性があったり、なかったりします。

 ここがいつも微妙で悩ましく、気分が悪くなるところなのです。

 「目安」なのだからと、その金額以下を収めると何か不正を行っている気持ちになりますし、後から請求されるのではないかと嫌な気分になります。だからといって「目安」と書かれている金額を払うには高額すぎますし。

 (参考)真実を語る
     http://tanemura1956.blogspot.jp/2013/06/blog-post_26.html


 先日、久しぶりに教団施設に行って会内経典をいただきました。「目安5000円」と書かれていたと思いますが、「目安」ですから1000円を投入いたしました。

 頻繁に霊言をDVDで見ている信者さんに聞くと、「目安」通りに払っている人と、「目安」を無視する人もいるようです。

 ある時に支部長に、高額な「○○○の目安は目安でもいいのですか」と聞くと、それは「目安の金額を確実に払ってもらいます」とのことでした。こうなりますと、完全に「定価販売」になると思います。 

 つまり、「目安」と称しながらも「定価」と同じ意味を持ってくるのです。

 「三帰誓願」でも確か「目安6000円」が必要ですが、支部長の目の前ですので、すべての人が6000円を払っていると聞きます。ほとんど「強制」/「定額」と同じだと思います。しかも、月刊誌などには「目安」についても触れていません。三帰誓願した人は突然、「6000円頂きます」と言われるわけです。

f0354590_08574019.jpg



 私の友人は総裁の講演会を聞いた後に「目安3000円以上」のところを1000円入れて帰宅すると支部から電話があって「金額が足りません」と言われたとのことでした。(封筒に名前を書かせますから分かるのです)

 正心館の研修でも金額が少なかった場合、後から電話がかかってきたと、どこかのブログで読みました。(これも封筒に名前を明示しなければなりません)

 ですので、「宗教法人 幸福の科学」として、「目安」についての見解をハッキリと文章で信者に説明、明示すべきだと思います。

 「目安は定価」なのか、「目安と称しているので各自の自由」なのか。ハッキリしなければならないと思います。

 「目安30万円となっていますが、あくまでも目安ですので1円でも結構です」と文章で明示されるのであれば、私個人はもう一度「信仰」を真面目に考え直してみるのもいいかなと思っています。


 幸福の科学よ、さあ、どっちですか。ハッキリさせなさい。神に誓ってどちらかを明示しなさい。


 あなた方が大好きな坂本龍馬さん(総裁の奥さんの過去世)は以下のように言っています。

 「ゴキブリの宗教団体は、わしゃあいらんと思う。だから、これからの宗教というのは、まあ政治も一緒だけども、どれだけ透明度があるかちゅうのが大きいと思う。ガラス張りじゃ。

 ガラス張りにして、恥ずかしゅうない内容にしなきゃいかん。
恥ずかしゅうない内容にしなきゃいかん。わしゃあ、そう思うよ。」
「悪霊撃退法-坂本龍馬の章-P83」

 説明責任があるということですね。

 「宗教法人が健全財務をしてじゃな・・・おかしい怪しげなものは淘汰して、消したらよろしい。

 そして、ほんとうに公明正大で、国民のためになっているところは、もちろんそれだけの減税措置はあって当然だけれども、納めるべきものはカチッと納めて、そして国の財政を支える、それがいいと思う」
「悪霊撃退法-坂本龍馬の章-P84」

 宗教法人への課税に賛成のようです。

 「自分たちが、傷みがあって、隠すものがあれば、言いたいことも言えんようになる。

 堂々と言うべきことを言えるためには、公明正大というのが、わしはいちばんじゃと思う。だから、何事も隠し事はしては相ならん。わしは、そういうふうに思います。

 隠し事をする必要はない。そして、公明正大に攻めていく。これがやはり、これからの宗教人の気風でなきゃいけない。」
「悪霊撃退法-坂本竜馬の章-P86」

 公明正大!隠し事はなし!だそうですよ。隠し事がたくさんあるので伝道が進まないということです。



 「目安」についての見解をハッキリと文章で信者に説明、明示が出来ない間は「信用」が確立することは絶対にないと断言しておきたいと思います。また、それをやらないということは「やましいところがある」と自らが認めたことになると理解したいと思います。

 「公明正大」でもなく「嘘つき」の団体を誰が信じましょうか。

 それと、「お布施」なのか「定価販売」なのかで、当然、課税対象になるのか、ならないのかの違いも出てくるはずです。それによっては「脱税」という疑いも当然出てくるわけです。

 精舎での合宿研修は、「いかなる名目で受けるときであっても、収益事業(旅館業)に該当します」(国税庁)ので、本来であれば「定価」で表示されるべきですが、これも「目安☆3」などと称してインチキしているとしか思えません。

 しかも宿泊のみでも「目安5000円」だったと思いますが、国税庁では「2食付きで1,500円以下は収益事業には該当しません」とのこと。やはり、いかがわしいとしか思えません。

 そろそろ公明正大にならないと、ますます信者は離れしていきますし、信者数、票数ともに増えることは、ホボないと思います。


 最後に、参考とリンク先を貼っておきます。


●宿泊施設の経営(国税庁)

 http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/h26_shukyo.pdf

 宗教法人が所有する宿泊施設に信者や参詣人を宿泊させて宿泊料を受ける行為は、その宿泊料をいかなる名目で受けるときであっても、収益事業(旅館業)に該当します。

 しかし、宗教活動に関連して利用される簡易な共同宿泊施設で、その宿泊料の額が全ての利用者につき1泊1,000円(食事を提供するものについては、2食付きで1,500円)以下となっているものの経営は、収益事業には該当しません。


●修行合宿と消費税

 http://xn--elqt15a38g.com/shukyou/post_33/

Q 修業を目的とした合宿研修を有料宿泊施設を利用して開催することを企画して会員の参加を募り、参加者から参加費(宿泊代・食事代・交通費等)を徴収しました。

 当法人はこの合宿研修に係る往復の交通手段及び有料宿泊施設の手配を旅行代理店に依頼しており、費用はすべて旅行代理店に支払い、残額は公益部門の寄付金として計上しました。 この合宿研修参加費は課税対象になりますか。

A この質問は合宿研修が、「事業として対価を得て行なわれる役務の提供」に該当するかどうかが判断のポイントになります。

 消費税法は、法人が行なう役務の提供はそのすべてが「事業として」に該当することになっていますので、宗教法人の行為は公益事業も収益事業もすべて「事業として」に該当します。

 次に参加費を徴収して開催した合宿研修は、当該宗教法人が会員に対して実施しており、参加費は宿泊、食事、交通手段をセットで提供したことに対する反対給付と認められますので「対価を得て行なわれる役務の提供」に該当します。

 従って当該法人が徴収した合宿研修参加費は課税売上になり、旅行代理店に支払った費用は課税仕入になります。


●物品販売業

 http://www.sakamoto-office.net/jigyou.html

 お守、お札、おみくじなどの販売のように、その売値と仕入れ値との関係からみて、その差額が通常の売買利潤ではなく実質は喜捨金と認められる場合は、収益事業に該当しません。

 しかし、宗教法人以外の者でも販売が可能な物品、例えば、絵葉書、写真帳、暦、線香、ろうそく、供花などを通常の販売価格で参拝者に販売している場合には、たとえ、その宗教法人を表徴するような文字や装飾が施されている場合でも、物品販売業に該当することになります。







これまでのすべてのエントリーはこちら

http://jipang007.exblog.jp/tags/すべてのエントリー




【このブログの主旨】 真理には美しさがあるはず。







★ブログランキングにご協力を!↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学 批判・告発へ
にほんブログ村






[PR]
by jipang-007 | 2014-12-03 09:22 | お金/植福について

by ヴェルダンの天使