幸福の科学への素直な疑問!

jipang007.exblog.jp

信仰暦20年以上の現役信者が綴る、怒りと不満と疑問です。

ブログトップ



http://www.yomiuri.co.jp/national/20141018-OYT1T50020.html

<魚拓>
http://megalodon.jp/2014-1020-1747-09/www.yomiuri.co.jp/national/20141018-OYT1T50020.html

2014年10月19日 10時27分

 神奈川県座間市教育委員会は17日、市立東中学校の元校長(64)が、在職中に入手した生徒の名簿を流用して約500人に手紙を出し、宗教法人を母体とする大学を紹介していたと発表した。

 同市教委は同日、元校長を口頭で厳重注意し、名簿の一部を返却させた。

 発表によると、元校長は今月初旬、2010年度に同校1、2年生だった生徒に対し、宗教法人の書籍1冊と大学を紹介する手紙を郵送した。今月14~17日、手紙を受け取った保護者約10人から市教委に問い合わせがあり、発覚した。

 保護者の1人は「年賀状など個人的なやり取りを一切したことがない先生からの郵便物で驚いた」と話す。元校長は取材に、「布教の一環だと指摘されれば『違います』とは言えないが、社会に貢献できる人になれるよう進路を決めてほしいという気持ちで送った」と説明、「宗教法人の指示ではない」と語った。

 市教委が17日、市役所で元校長から事情を聞いたところ、元校長は「在職していた38年分の名簿を自宅で保管している」と説明。市教委は持参していた約10年分の名簿を返却させ、他の名簿についても返却を約束させたという。

 同市の市立小中学校計17校では、児童・生徒の個人情報の取り扱いについて統一基準が定められておらず、学校ごとに管理方法が異なっているため、市教委は今後、基準作りを進めていく。

 教育評論家の長谷川孝さんは「公務員として在職中に知り得た情報を私的なことに流用するのは公務員倫理に反している」と指摘している。





https://twitter.com/3008capelitoand/status/522019656672878593

f0354590_1719286.jpg




f0354590_5375873.jpg



 大学認可が不明になって、最近は献本と署名が活動の中心でした。

 正直言って、こんな田舎で大学の献本や署名をやって何になるんだろうと思いながらやっていましたが、これも本の売り上げを上げるためなんだろうと思っています。

 ここはいつも、何かといえば「献本と植福」ばっかりです。

 ここの職員は、20年前から同じことばかりを「○○の一つ覚え」のように繰り返してきましたが、信者に対してよくもまあ、「イノベーション」とか「パラダイムシフト」とか言えるなあと思います。

 多くの信者はそう思って聞いているんですよ、職員さんたち。ちゃんと見ている者は見ているんですから。

 今回、上記のような「信仰が深い」方がちょっとした事件を起こしたのですが、まさか「知らぬ顔の半兵衛」を決め込んだりしませんよねえ。

 きちんと、私たちが指導しましたと述べるべきだと思います。

 ここの職員さんたちは、いつも、この20年以上、信者を切り捨ててきました。そんなことは、やったことがないとは言わせませんよ。胸に手を当てて考えればたくさんの信者を泣かせてきたことは覚えていますよね。

 借金させたり、ローンを組ませたり、会社のお金を。。。。。。

 で、責任はいつも信者だけ。「ほっかむり」して自分だけは職も守ってきた人がたくさんいます。

 そして、それを総裁が知らなかったといえないと思います。それでは指導者としての資格がないでしょう?と普通は言われるのです。よ。







これまでのすべてのエントリーはこちら

http://jipang007.exblog.jp/tags/すべてのエントリー




【このブログの主旨】 真理には美しさがあるはず。






ツイッターもやっています。
https://twitter.com/happy7777happy




★ブログランキングにご協力を!↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学 批判・告発へ
にほんブログ村






[PR]
# by jipang-007 | 2014-10-20 17:41 | 献本について



 あなたの問題はだね、発想が営業マンなんだ!よいかな。在家の時代が長いとは思うけれども、まだ、「商品を人に売り込み、実績をあげて、評価される」という考えがあるな。その考えが他の人に伝染する。

 それは、指導者が、もう一段、高次なる、高邁なる理想というものを心底持って、「それを、命を懸けて実践し、実現しよう」と思っていなければ、他の者も「宗教の皮を被った」セールスマンのような活動しかせぬということだ。

 まだ魂の殻が十分に割れていない。在家時代の自分自身の実績に対し、うぬぼれの心あり!虚栄の心あり!謙虚なる心なし!  「一喝!吉田松陰の霊言 P13~14」


 これはもう今から4年半前に収録された霊言です。理事長を長くやったことがある某職員に対する一喝ですが、これを聞いた時は「その通り!」と叫びたくなるくらいに正直言って気持ち良くって、スッキリしたものでした。指摘された人は当時の伝道部門のようですが、全職員団に対して言われたも同然の内容だと思いました。

 これで少しはこの団体も変わるかなと期待し、職員たちも少しは在家の気持ちを汲む活動に変わるかなと喜びました。

 ところがその後も何ら変化なし。

 何かといえば、金、金、金。「きん」じゃないですよ「かね」です(笑)。

 それに加えて、伝道と称する購入とインチキベストセラー作りのための献本購入が今も続いています。

 職員は在家信者に対しては、霊言で「こう言われたので」と今でも金科玉条のように引用するのですが、自分たちに対して言われたことはまったく無視!

 職員たちは本当に信仰心を持って働いているのか不信感でいっぱいになりました。

 加えて、これだけ言われてもほとんど変化しない人をいつまでも使う総裁に対しても、何で?という思いが離れません。 (個人的な感想としては、そもそもこの人、そんなにすごい人だとは思いません)

 総裁自身が霊言を信じていなのか、聞く耳がないとしか思えません。

賢者は聞き、愚者は語る    -ソロモン-






これまでのすべてのエントリーはこちら

http://jipang007.exblog.jp/tags/すべてのエントリー




【このブログの主旨】 真理には美しさがあるはず。






ツイッターもやっています。
https://twitter.com/happy7777happy




★ブログランキングにご協力を!↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学 批判・告発へ
にほんブログ村









[PR]
# by jipang-007 | 2014-10-14 14:26 | 職員について


「すいふとのブログ」さんのブログに

「有名宗教学者のツイッター」がエントリーされていましたのでご紹介します。

http://ameblo.jp/hs-knockout/entry-11936613006.html

で、私も調べて見ましたが、

確かにありました。

これです。 ↓

https://twitter.com/Shimazono/status/510219400239407104






f0354590_7553240.jpg



この本は読んでいないのですが、

出版に目次がありましたので載せます。

http://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1268


★宗教学者から観た「幸福の科学」

第1章 島薗進氏守護霊から観た幸福の科学

 1 幸福の科学大学認可の最終審査に当たり、日本を代表する宗教学者の意見を訊く

 2 大川隆法に会って直接感じた、他の宗教家との「違い」

 3 「霊言」の真実性を「検証」し続ける姿勢を評価する

 4 オウム真理教と幸福の科学の“エリート”の違い

 5 千六百冊以上の教えを「公開」する超弩級の宗教

 6 「とんでもない巨大宗教」になっても、まだ“隠しているもの”がある

 7 「私」を捨て「公」を取ったことこそ仏陀の証明である

 8 日本からいい宗教が広がることに期待する




島薗氏ご本人は、唖然としておられるようです。

島薗氏は連日数多くツイートしていますが、

ざっと読んだ感じでは完全な左翼学者のようで、

幸福の科学とは相容れない意見を持っているようですが。。。。。

本の目次(守護霊)では、べた褒めの感じがします。

守護霊と本人では意見が違う、ではないですよねえ。

本人と守護霊は何から何まで、癖までソックリという事なので、

霊言を取っているはずですが。この矛盾。


他にも、霊言の矛盾はいろいろあるのですが、

それはまた後日。じっくりやっていきます。






これまでのすべてのエントリーはこちら

http://jipang007.exblog.jp/tags/すべてのエントリー




【このブログの主旨】 真理には美しさがあるはず。






ツイッターもやっています。
https://twitter.com/happy7777happy




★ブログランキングにご協力を!↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学 批判・告発へ
にほんブログ村






[PR]
# by jipang-007 | 2014-10-13 08:01 | 霊言について

台風の進路について



幸福の科学は、

何かいいことがあると、

津波がよけて通ったなどと、(本当かウソかも不明なのですが)

鬼の首を取ったかのように宣伝し、

都合が悪いときは沈黙して通り過ぎます。

天変地異も、信仰しない国民が悪いといいますが、

私から見ると、伝道できるわけがない恥ずかしい活動をやっている、

団体そのものに原因があると思います。

また、それを許してきた総裁にも原因があると思います。

知らなかったでは許されません。



★日本の気象庁の進路予想。

f0354590_13173251.png



★アジア各国の進路予想。


f0354590_13183421.png



すべて、聖地と総本山直撃予想になっています。

さて、どうなるのでしょうか?

で、どう申し開きするのでしょうか?

それとも沈黙でしょうか?(笑)

それとも、やっぱり「国民よ、お前たちの責任だぁ!」でしょうか?

「自己責任の原則」はどこにいったのでしょう?

幸福の科学には「自己責任の原則」は当てはまらないのでしょうか?

そんな疑問や言いたい事が積もりに積もっています。

じっくり書いていこうと思います。






これまでのすべてのエントリーはこちら

http://jipang007.exblog.jp/tags/すべてのエントリー




【このブログの主旨】 真理には美しさがあるはず。






ツイッターもやっています。
https://twitter.com/happy7777happy




★ブログランキングにご協力を!↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学 批判・告発へ
にほんブログ村






[PR]
# by jipang-007 | 2014-10-12 13:22 | 天変地異について

by ヴェルダンの天使