幸福の科学への素直な疑問!

jipang007.exblog.jp

信仰暦20年以上の現役信者が綴る、怒りと不満と疑問です。

ブログトップ

タグ:すべてのエントリー ( 24 ) タグの人気記事



「混ぜるな危険! ブログ・サンポール」さんの

http://sanpole.blog.fc2.com/blog-entry-429.html

ブログに出ていたポスターですが、




f0354590_10274734.jpg



私が行っている支部でも、

ずいぶん前から見ていました。憐れです。

でも、「目安」のものは、

1円でも払えば「盗み」ではないですよねえ。

そこのところ、しっかり確認して

文章にして出してくださいね。

よろしく!









これまでのすべてのエントリーはこちら

http://jipang007.exblog.jp/tags/すべてのエントリー




【このブログの主旨】 真理には美しさがあるはず。








★ブログランキングにご協力を!↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学 批判・告発へ
にほんブログ村





[PR]
by jipang-007 | 2016-01-31 10:31 | お金/植福について



 今日のリバティーの記事は、腹が立って仕方がなかったです。

 まあ、信者の懐へ手を突っ込んで

 お金を巻き上げる血も涙もない団体と総裁ですから、

 仕方がない発想でしょうけど、

 人間の悲しみも苦しみ味わったことがない、

 ほんとにかわいそうな人たちです。

 人間として最低レベルの人たちです。



 繁栄型の本尊は一支部1500万円。全国で60億円とか。。。

 団体と総裁だけが繁栄すればいいという発想でしょうね。

 自分たちには騎士道精神も武士道精神もないくせに

 よくもまあ言えますわねえ。

 見本を示してから言いなさいよ!

 何を読んでも「口だけ教祖」でいいと

 書かれていたことはありません。

 背中で、後姿で教育しなさいとしか

 書かれていません。



 ついでに、ウルグアイの前大統領だったホセ・ムヒカ氏が

 2012年にブラジルで開かれた

 「国連持続可能な開発会議(リオ+20)」で

 行ったスピーチでも勉強されたらいかがですか。



 「私たちは発展するために

        生まれてきたわけじゃない」



 「貧乏とは、

   無限に多くを必要とし、もっと欲しがること。

     ほんとうに貧しい人とは、

        社会とつながらずに生きている人なんだ」




  まさしくどこかの団体向けの言葉ではないでしょうか。



  と、「ご奉納目安」と称して

  税金をごまかしているところが、

  口先だけできれいごとを言うんじゃないわよ。



 

「1%の富裕層に富が集中」して悪いのか? 格差是正論の罠

http://the-liberty.com/article.php?item_id=10784

 「世界人口の1%にあたる最富裕層の資産は、残りの99%の人々の資産すべてよりも多い」――。

 1月20日から開かれている世界経済フォーラム(通称ダボス会議)に先立ち、イギリスの非政府組織「オックスファム」が19日、格差に関する報告書「最も豊かな1%のための経済」を発表。世界に広がる格差問題の解決を訴えた。

 報告書には、「世界の資産保有上位62人の資産は、2010年以降の5年間で44%増加」「男女の格差は顕著で、世界で最も裕福な62人のうち男性は53人で、女性は9人に過ぎない」などと記述。「貧困に苦しむ世界の現状において、最も裕福な人々にさらに資源と富が集積していくことは望ましいと言えるのでしょうか」とした。


 格差の一義的な責任があるのは政府では?

 格差・貧困問題は、アフリカ諸国で顕著に見られるが、その原因は、主に汚職などの非効率的な政府の運営や、内戦によるところが大きい。働き口や、教育の機会が十分になく、ある種の"身分の固定"が続いているのだ。

 しかし、この一義的な責任は、「1%の富裕層」にあるのだろうか。富裕層への批判よりも、ずさんな政府の実態を変えていく方が、より多くの人々の幸せにつながるだろう。

 もちろん、富裕層が租税回避(タックス・ヘイブン)に汗をかくなど、納税義務の放棄に等しい姿勢は、批判を受けてしかるべきであることは付言しておきたい。


資本主義は格差が前提

 日本にも、「格差是正論」を当然視する風潮がある。だがそもそも、日本が導入している資本主義には、「富を集中させて、大きな事業を起こす」という特徴があり、格差を前提にしている。

 わかりやすい例を挙げれば、お金を稼ぐことが上手い人と、残念ながら、お金を稼ぐことが苦手な人がいる。そうであれば、稼げる人にお金を多く回した方が、より大きな富を生み出すことができる。そうした経験則に立つのが、資本主義の基本的な考え方だ。

 当然、その前提には、あらゆる人が活躍できる「機会(チャンス)の平等」を保障しなければならないが、大きな事業をつくるには、富の集中が不可欠だ。

 逆に、富の集中を否定する思想は、社会主義と言える。かつて社会主義国では、建前上は富裕層も貧困層も「平等」に扱われたが、個人の自由が大きく制限され、加えて、平等であるはずの政府高官が暴利を貪り、国民が貧しくなったのは有名な話。歴史の教訓としては、「自由と平等のいずれが大事か」と問われれば、自由の方が大事なのだ。


富の集中は国富や文化を生み出す

 現代日本では、共産党などが大企業批判を繰り返し、若者の不満を取り込もうとしている。実は、戦前にも「財閥批判」が多く見られた。だが、大企業や財閥に富が集中した結果、何が起きたか。数多くの会社や雇用が生まれ、日本を世界屈指の「経済大国」に押し上げた。

 また経済力だけでなく、富める者が力を持てば、芸術や音楽などの新しい文化を創造する。松尾芭蕉や、市川團十郎などが活躍した江戸時代の「元禄文化」も、町人の力が強くなった結果として生まれたもの。美術館に行けば、何百年も前の絵画を見られるのも、富の集中の恩恵である。

 資本主義を批判する人たちは、こうした視点を見落としがちだ。


資本主義に足りないもの

 確かに、資本主義にも問題がある。富裕層が、「合法であれば何をやってもいい」という拝金主義に走れば、「人間として大事なものを忘れている」と思うかもしれない。

 その大事なものとは、困っている人に手を差し伸べる「騎士道精神」だ。富裕層が、自ら築いた巨富をより多くの人々のために使えば、それだけ尊敬を集められ、神仏からも愛されるはず。そうしたあるべき姿が、一種のカルチャーになれば、成功者は多く生まれるだろう。

 宗教的な騎士道精神が、問題をはらむ資本主義を脱皮させるはずだ。

(山本慧)












これまでのすべてのエントリーはこちら

http://jipang007.exblog.jp/tags/すべてのエントリー




【このブログの主旨】 真理には美しさがあるはず。








★ブログランキングにご協力を!↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学 批判・告発へ
にほんブログ村





[PR]
by jipang-007 | 2016-01-21 08:04 | お金/植福について


お久しぶりのエントリーです。

最近「美」についてお話もあっているようですが、
完全に舞い上がっていると思いますわ。

客観的に自分が見えないのでしょう。
これでセンスがあるとはとても思えませんし、
そもそも宗教者ではないように思います。

知り合いの信者さんたちも、
「何か違う」と最近言う人が増えました。

「何か、何時からか、何かすり替わった感じがする」
という人も増えました。

自分のことを芸能人だと思っていらっしゃるのか、
容姿にコンプレックスを持っておられるのか。
多分両方なのでしょう。



f0354590_08590081.jpg





これまでのすべてのエントリーはこちら

http://jipang007.exblog.jp/tags/すべてのエントリー




【このブログの主旨】 真理には美しさがあるはず。








★ブログランキングにご協力を!↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学 批判・告発へ
にほんブログ村





[PR]
by jipang-007 | 2015-11-08 09:02 | 総裁について


  信者の皆さんは、お布施、植福に「一口」があるのを

  不思議に感じないのでしょうか?

  私はどうしても違和感があります。

  しかも、「一口」が10万円!!っておかしいと思いませんか?

  10万円以下のお布施は必要ないということですよねえ。

  お布施は、いくらでもいいのがお布施ではないでしょうか?

  貧者の一灯はどこにいったのかしら?

  そこでやるのが、何人かで集めて10万円にして、

  支部としてのご奉納。

  それはそれでいいとしても、「一口」を言ってみたり、

  「目安」と言ってみたり、

  目先をどうかして、ごまかそうとしているとしか、

  私には思えません。


f0354590_13413081.jpg


f0354590_13412526.jpg




「選挙に勝つ研修」って、

まずは職員がしっかり受けて、

職員が当選してからお勧めするのが筋ではないでしょうか?

ここにも、大きな欺瞞がありますし、

お金集めの根性が見え隠れいたします。


f0354590_13411577.jpg



f0354590_13410625.jpg



神頼みだけでは勝てませんけどね。









これまでのすべてのエントリーはこちら

http://jipang007.exblog.jp/tags/すべてのエントリー




【このブログの主旨】 真理には美しさがあるはず。








★ブログランキングにご協力を!↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学 批判・告発へ
にほんブログ村







[PR]
by jipang-007 | 2015-01-26 14:01 | お金/植福について


中古本、ほぼ新品で目指せ1円!

もう少し待てば新品がほぼ無料で手に入ります。

信者の皆様、ご苦労様です。そして、ありがとう!


って、「忍耐の法」ですかー。反則でっす!

まだ支部の倉庫にたくさん眠っているんでしょうね。


でも、今年は「智慧の法」でしょう?

早くばら撒かないと、だめよ~、だめだめ。




●「すいふと」さんのブログにありましたので、

 記念に載せておきますわ。

 http://swift2012.blog.fc2.com/blog-entry-34.html


●成人式で配ってたwww

 記念品かと思ってみんな受け取ってるwww

 http://hamusoku.com/archives/8677632.html

f0354590_10573033.jpg




<コメントを少々抜粋します。>


 ・俺ならブックオフに直行するわw

 ・仙台市の富沢体育館での式でも配ってたよ

 ・まずこれにひっかからないことが成人最初の試練だな

 ・娘は受け取らずに帰って来たから母ちゃんが誉めてあげました

 ・ゴミを押し付けるなw

 ・大学の入学式でも配ってたぞ

 ・その場で足で踏みつけて、大人の一歩にしよう

 ・これ信者が一人何百冊と買って配ってんだろ

 ・いらねぇ。本当にただでもいらねぇ。

 ・成人式で、もらったことある。ブックオフに持ってたったら、買い取ってもらえなかった。処分も拒否られたよ。

 ・ほんと気持ち悪い

 ・配ってる奴の目の前で破いて踏みつけてやりたい

 ・もらわない関わらないが勝ち組かw

 ・やり方がきたねぇ

 ・号外でーす!って渡されたのがリバティーだった事はある

 ・成人式に宗教絡ませないで


その他多数ございますので、ぜひお読みください。




 まあ、総裁のことを信じていない信者や職員に

 言っても仕方がないことですが、

 とりあえず総裁の言葉を載せておきますわ。

 読んでも意味が理解できないと思いますけれども。


 献本自体はよいことなのですが、そういう場合は、少し焦っているのかもしれません。できるだけ大勢の人で、「丁寧な深い伝道」ができるようにしていかなければなりません。最終的に伝道の成果があがるところまで行くには、もっともっと細かく、丁寧に伝道しなくてはいけない面があるので、仲間を増やしていかないかぎり、うまくいかないのです。

 献本を五十冊している地区が、同じ人数で、百冊、二百冊と献本数を増やせば、献本の数字は上がりますが、伝道の成果が悪くなったり、献本の相手から反感を持たれたりすることもあります。

 これは、献本だけではなく、伝道についても言えます。三帰誓願した人を、そのあと、ほったらかしにしていることも数多くあります。三帰信者であっても、私の著書を読んでおらず、布教誌も読んでいない人もいるので、そういう人にはフォローが要るのですが、ある程度以上の数になると、フォローが難しくなるわけです。

 「一人の会員が三帰を勧める対象は、一般的に言って、年に五人ぐらいが限度だろう。本当の信者にするのであれば、五人ぐらいまでしかフォローはできないだろう」と思われます。

 「伝道Q&A 156ページから」









これまでのすべてのエントリーはこちら

http://jipang007.exblog.jp/tags/すべてのエントリー




【このブログの主旨】 真理には美しさがあるはず。








★ブログランキングにご協力を!↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学 批判・告発へ
にほんブログ村







[PR]
by jipang-007 | 2015-01-13 11:32 | 献本について


 今年の秋に上映予定「UFO学園」に続いて、

 来年は実写版を公開すると聞きました。

 噂では、総裁のこれまでの人生だとか。

 ホントでしょうかねえ。どうでもいいですが。

 ただ、映画をあまり舐めない様にしていただきたいですね。

 映画に人生を賭けて頑張っている人がたくさんいるんですから。

 信者が10回も20回も出入りして、

 入場者数をごまかす詐欺(サギ)は、

 彼らに対して失礼すぎます。


 「能書き」ばかりに頭を使うのではなく、

 一度くらい実力でやってみなさいよ!と言いたいですね。

 高倉健さんの「旅の途中で」から引用しますが、

 この短い文章だけでも「健さんの霊言」以上に参考になりますので、

 関係者の皆さんはよ~く読んでみてください。



 料理のことをあれこれ説明されるのは、僕はあまり好きじゃないんです。

 美味しければ美味しい、能書きは聞きたくないっていう気持ちがあって、だいたい、能書きを前もって言われるところで、美味しい店はあまりないですよね。

 映画と同じで、理屈は要らないんですね。

 美味しいものは美味しい、まずいものはまずい、人間が感じることですから。


「旅の途中で」195ページ



 「身についた能(もの)の、高い低いはしようがねえ、けれども、低かろうと、高かろうと、精いっぱい力いっぱい、ごまかしのない、嘘いつわりのない仕事をする、おらあ、それだけを守り本尊にしてやって来た」(山本周五郎「ちゃん」より)

「旅の途中で」158ページ



 お客さんの入りが少なくなることを、映画関係者は、劇場が冷める、とか、冷えるという言葉で言うんです。

 劇場というものは、いつも夢と感動と興奮が渦巻いている、そこへ行けば、必ず夢が見られる、感動できる、興奮する、熱くなれる、そういう場所でなければいけないんだと思います。


「旅の途中で」130ページ




※ついでに「健さんの霊言」について一言。

 「霊言」では、健さんは自分のことを「ワシ」と言っていますが、

 私が知る限りでは、自分のことを表現するのに

 健さんが使う言葉は「僕」か「自分は」だけです。

 健さんが上から目線の「ワシ」を使うとはどうしても考えられません。

 それを使うのは「よしりん」くらいなものでしょう(笑)。









これまでのすべてのエントリーはこちら

http://jipang007.exblog.jp/tags/すべてのエントリー




【このブログの主旨】 真理には美しさがあるはず。








★ブログランキングにご協力を!↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学 批判・告発へ
にほんブログ村







[PR]
by jipang-007 | 2015-01-07 10:16 | 映画について


これまでは、長い文章を書いてまいりましたが、

今年からは短めに書こうと思っています。

「幸福の科学」のために長い時間を使うのはもったいないので、

その時々に気がついたことや思ったことを。

時には自分の考えをまとめるために、長めのも書こうと思います。

今年もよろしくお願いいたします。



<大エル・カンターレ仏建立事業>???

何のことかと思ったら、

<聖地エル・カンターレ生誕館「エル・カンターレ仏建立」事業>ですって。

いつまで続く「植福地獄」。

↑ あ、これは熱心な信者さんの言葉です(笑)。


「桓武天皇の霊言」にこれを示唆する言葉がありましたが、

やっぱり作るんですねー。

東京にも大きな施設を作るように書かれていました。









これまでのすべてのエントリーはこちら

http://jipang007.exblog.jp/tags/すべてのエントリー




【このブログの主旨】 真理には美しさがあるはず。








★ブログランキングにご協力を!↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学 批判・告発へ
にほんブログ村







[PR]
by jipang-007 | 2015-01-05 10:30 | お金/植福について


 「幸福の科学」が、来年の秋に「UFO学園の秘密」という映画を公開するそうです。

 総裁は映画の製作について、「プロの領域に」とか、「宮崎駿さんの次を担う」などという主旨のことを言っていますが、個人的には何を根拠に、そんな呆れ果てることを言えるのか不思議でなりません。でもまあ、ブログネタが増えますので、楽しみにしておきましょう。

f0354590_07173357.jpg


 ところで、私が今のような心境になった一つの大きな原因は、前々回の映画「ファイナル・ジャッジメント」にあります。

 題材としては良かったのかもしれませんが、映画の内容の貧弱なことや最低の演技と最悪の脚本には、映画を観ている最中からブチ切れ始め、映画館を出る頃には、もう腹が立つやら頭に来るやらで、主人といつの間にかボロボロにけなしておりました。

 今でも苦々しく覚えているのは、


・今から30年以上前の「西部警察」の時代のようなカーチェイス?の撮影。

・死刑になりそうな主役を、絶対にありえない方法で外に出す最低の脚本。

・選挙に負けた主役に対して、友人が「旅にでも出るのか」という、50年前なら言ったであろう陳腐なセリフ。

・言葉だけで世界を変えることが出来たという結末。(それならさっさとやってくださいよ!って感じ)。

・車上で演説する主役の言葉を黙って聞く兵隊たち。


 などなど、言い出せばキリがないくらいございました。


 書き始めると、その当時が蘇って、また腹が立ってきました(笑)。

 本当にくだらない、近代まれにみる最低の映画だったと今でも思います。

 もっとも、支部でタダ券を10枚もらって行きましたので実害はなかったのですが、それでも気分の悪さといったら、それは最悪でした。(3枚は使いましたが残りの7枚はごみ箱行きでしたん)

 信者がチケットを買い、タダ券が余っているから他の信者に無料で配るのです。バカみたいなシステムです。映画のチケットを街頭でも配るのです。最低、最悪のやり方だと思いませんか?

 そもそも映画というのは、面白かったら観客が増える。ただそれだけだと思います。

 それに人生を賭けているのが映画監督や役者さんたちなのです。

 これだけとっても、「幸福の科学」は一人一人の人生をバカにしていますし、それぞれの人の努力を認めず無視しています。

 それを、信者の懐をあてにして映画を作り、「植福目標」という美名の下にチケットを買わせ、それをタダでばら撒かせて、興行が成功したかのように振る舞う総裁は、嘘の歴史を作って嬉しいのでしょうか?

 未来の人たちを騙して、それで満足なのでしょうか?

 宗教の原点の一つは、「嘘をつかない」ではないでしょうか。


 信者の皆さんは、もう一度よ~く人生の原点を考えてみるべきです。次の映画のチケットを無理して目標達成のために買わないことです。本当に面白い映画は、そんなことをしなくてもヒットします。

 それが総裁が言う「自助努力」だとか「実力での勝負」ということではないのですか?映画の製作者は「自助努力」でヒットを目指すべきです。信者だよりで映画を作って、その太鼓持ちになる自分自身が情けなくなりませんか?

 本当に世のため人のために映画を作っているのなら、信者が買わなくとも広がっていくはずです。

 もっと言えば、信者が買わない方が、実は「幸福の科学」のためになり、世のため人のためになるのだと思います。

 選挙と同じく、「幸福の科学」は映画にしても、本の販売にしても「実力での勝負」をすべきです。それは真の教団のためであり、真に教団のお役に立つことなのです。


 どちらが本当に世の中の役に立つのか、教団の役に立つのかをしっかり考えられることをお勧めします。



 政治とは何か:それは「信頼」と「品格」。そして「信頼とは嘘をつかぬこと」!


 ↑ 宗教も同じだと思います。

 本日の「産経抄」には次の言葉がありました。


 小欄には深代惇郎(ふかしろ・じゅんろう)さんにご登場を願う。かつて「天声人語」を担当した伝説のコラムニストである。

 「天声人語」の由来に触れた一文に目が留まった。「天に声あり、人をして語らしむ」の意だと説明してこう続く。「しばしばこの欄を、人を導く『天の声』であるべしといわれる方がいるが、本意ではない。民の言葉を天の声とせよ、というのが先人の心であった」。


 総裁も職員も熱烈信者も、仲間内だけで通用する言葉や価値観におぼれずに、少しは「民の言葉を天の声」として聞いてみてはいかがですか。




 最後に、総裁が攻撃している下村博文大臣は「映画『ファイナルジャッジメント』を観る」と題してブログを書かれていますが、その内容は非常にほめています。

 このような人をわざわざ挑発して敵に回すというのは、政治的センスがまったくないと思われます。

 私の主人に入っている情報では、大学を却下したのは下村さんではなく、また公明党(創価学会)でもなくて、別のルートのようですよ。うふふ。知らずに犯す罪は悲しいですねえ。








これまでのすべてのエントリーはこちら

http://jipang007.exblog.jp/tags/すべてのエントリー




【このブログの主旨】 真理には美しさがあるはず。








★ブログランキングにご協力を!↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学 批判・告発へ
にほんブログ村






[PR]
by jipang-007 | 2014-12-24 07:48 | 映画について


獲得議席:0

<前回 2012年との比較>


北海道  得票数:12,267票 (得票率0.5%)
      <前回:10,506票 (得票率0.4%)>
+1,761票


東北   得票数:18,201票 (得票率0.5%)
      <前回:14,825票 (得票率0.3%)>
+3,376票


北関東  得票数:24,989票 (得票率0.4%)
      <前回:19,795票 (得票率0.3%)>
+5,194票


東京   得票数:17,648票 (得票率0.3%)
      <前回:16,620票 (得票率0.3%)>
+1,028票


南関東  得票数:24,052票 (得票率0.4%)
      <前回:20,987票 (得票率0.3%)>
+3,065票


東海   得票数:41,429票 (得票率0.6%)
      <前回:29,739票 (得票率0.4%)>
+11,690票


北陸信越 得票数:19,619票 (得票率0.6%)
      <前回:15,767票 (得票率0.4%)>
+3,852票


近畿   得票数:35,830票 (得票率0.4%)
      <前回:33,509票 (得票率0.3%)>
+2,321票


中国   得票数:18,015票 (得票率0.6%)
      <前回:14,383票 (得票率0.4%)>
+3,632票


四国   得票数:10,762票 (得票率0.7%)
      <前回: 8,171票 (得票率0.4%)>
+2,591票


九州   得票数:37,299票 (得票率0.6%)
      <前回:31,848票 (得票率0.5%)>
+5,451票


総合計:260,111票

前 回:216,150票

+43,961票



公明党の今回の比例得票数:7,314,236票


共産党の今回の比例得票数:6,064,462票



 さて、今回の結果をどのように評価するかですが、政党や教団は、奇跡でも起こったかのように、鬼の首を取ったかのように大げさに言い散らすでしょうし、総裁に対しても面目が立ったことで一安心するでしょう。

 ただ、個人的な感想としては、要するに0.1%~0.2%増えたということは、1000人に1人か2人の割合で投票者が増えたということで、これは選挙では当たり前の動きで、幸福実現党への賛同者が増えたと理解するのは性急過ぎると思います。

 もっとハッキリ言いますと、そもそも「評価するに値しない得票数」です。

 そういう意味で、公明党や共産党の得票数を載せておきました。

 あと25倍取れば追いつきます!もうすぐです!(笑)

 ちなみに、公明党は前回より197,762票増加しています。



 それと、今回の選挙は「下村事件解散」とのことでしたが、その下村大臣は前回よりも10%以上票を伸ばされています。また、安部総理は閣僚は続投とのことだそうです。

 もし本当に「下村事件解散」なら、国民は下村さんを信任したことになります。総裁は今度は何と言ってごまかすのでしょう。




※読売新聞から引用しました。間違いないように引用し、
計算したつもりですが、誤記があるときはお許しください。








これまでのすべてのエントリーはこちら

http://jipang007.exblog.jp/tags/すべてのエントリー




【このブログの主旨】 真理には美しさがあるはず。








★ブログランキングにご協力を!↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学 批判・告発へ
にほんブログ村





[PR]
by jipang-007 | 2014-12-15 08:43 | 幸福実現党/選挙



今日は記事のご紹介のみです。

「弱り目に祟り目」とは最近の「幸福の科学」のことです。

一度お祓いを受けたほうがいいかもしれませんね。(笑)



★「やや日刊カルト新聞」のツイッター

  https://twitter.com/daily_cult


 https://twitter.com/daily_cult/status/543273825031307264

 新潮社とわたくし藤倉が幸福の科学学園から訴えられていた裁判、東京地裁で判決出ました。

 裁判所は学園側の請求を棄却。新潮社と藤倉の完全勝訴です。

 記事の内容はもちろん、藤倉が大津の関西校反対運動で講演したことについてまでも、(学園への妨害活動ではなく)公益目的であると認定されました。



今回、裁判所から問題なしとされた週刊新潮の記事はこちら。↓

 https://docs.google.com/file/d/0BxQqDQ8VBlGcRXlEVk9zNVlVaWs/edit?pli=1



 https://twitter.com/daily_cult/status/543352627119919104

 今回の判決では、幸福の科学学園の社会科授業等での霊言教育や、寮生活のルール違反者に対する“独房懲罰”の存在を報じた記事の内容が正しかったと認定されました。

 記事で指摘した違法な政治教育の存在については、そもそも幸福の科学学園側が争いませんでした。







これまでのすべてのエントリーはこちら

http://jipang007.exblog.jp/tags/すべてのエントリー




【このブログの主旨】 真理には美しさがあるはず。





★ブログランキングにご協力を!↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学 批判・告発へ
にほんブログ村








[PR]
by jipang-007 | 2014-12-13 09:48 | 大学/学園について

by ヴェルダンの天使